【二郎チャーシュー再現レシピ】最速30分で簡単ホロホロ豚作り方のコツ!

ラーメン二郎の豚ことチャーシュー再現レシピを紹介。最短だと30分で柔らか美味しい味付けのタレでホロホロ豚が簡単に作れるコツをまとめ。
チャンネル登録はこちら→ http://www.youtube.com/channel/UC2-Cm9mP7jiy4L6gCaQ8C7g?sub_confirmation=1

レシピ
・煮豚
豚肩ロースブロック:今回は800g位使いました
長ネギの青い部分:適量
もやし:適量
キャベツの芯:半個分位
ショウガ:スライス3枚位

本家二郎はうで肉を使っているらしいですが、豚うでブロックはスーパーでは手に入りにくいので近い部位である肩ロースブロックを使用しました。

・タレ
しょうゆ:200cc
みりん風調味料:100cc
酒   :大さじ4
ニンニク:一欠
味の素 :大さじ1

本家二郎は、みりん風調味料はほんてり。うま味調味料はグルエースらしいですが、違い味に仕上がるはずです。

作り方
1、豚はフォークで1020箇所刺して味が染みやすく下処理。
2、豚の表面に塩コショウをふりかけ揉み込む。
3、煮崩れを防ぐ為にタコ糸やネットで縛る。
4、圧力鍋に豚を入れ水を浸かるくらい入れる。
5、ネギ頭・キャベツの芯・生姜スライス・もやしも入れる。
6、圧力がかかるように設定し強火で蒸気が出たら弱火にして20分煮る。
7、タレを全て混ぜて火にかけ一煮立ちさせる。
8、圧力鍋で仕上がった豚をタッパーやジップロックに入れてタレにひたして10分で完成。

ポイント
・圧力鍋が無い場合も同じですが、煮込みに2時間かかります。
・漬け込む時間で味の濃さが変わりますので好みの味を見つけると良いですよ。
・かなり柔らかい仕上がりなので、スライスする前に冷蔵庫などで冷やしておくと切りやすかったです。
・ただし、スライスを食べる前にレンジで温めた方が美味しかったですね。

追記
・豚バラだと柔らか過ぎて肉肉しい感じは薄くなりますが、トロットロになります。ただし、動画のように少し炙ってやると脂身の多い所はかなりトロトロした食感になりますよ。
・ニンニクはそのまま入れても良いですが、刻みニンニクにするとアレンジレシピに使いやすいですよ。

【関連動画】


↑【フライパン豚バラチャーシュー】家でも簡単!あの調味料で本格中華ラーメン屋の味を再現!


↑【万能ニラ醤油だれ】隠し味1つでコク旨!やばいアレンジ7選!


↑王将・天津飯(甘酢あん)【裏メニュー再現レシピ】美味しい作り方のコツ!


↑王将チャーハン【裏メニュー】再現レシピの作り方とコツまとめ!


↑ 【王将チャーハン(焼き飯)再現レシピの作り方】


↑サッポロ1番塩ラーメンチャーハンの作り方【やみつき悪魔の激ウマレシピ大公開】


↑【再現レシピ】王将・天津飯の作り方のコツ!


↑【再現レシピ】王将・天津炒飯(塩ダレ餡)作り方のコツ

#二郎豚 #二郎チャーシュー #再現レシピ #時短レシピ #ぽやパパ